↑ケータイもアクセスOK !!!!!Listen!NewMusicRush!!!!   e-radioで放送中TheMusicFileのblog!Hosted by ANDREWS HATTER Produced by Laugh Cycle Entertainment NYC


by musicfile
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:Topics( 6 )

デスチャやっぱり解散!?

既にご存知の方も多いでしょうが
6月11日ヨーロッパツアー中のデスティニーズ・チャイルドから
解散の意向が発表されました。

スペイン、バルセロナ公演中の出来事で
ケリー・ローランドから「これが最後のヨーロッパツアーになる」との
コメントを発しMTV等も、これを肯定する報道を行っています。

デビュー以来、度重なるメンバーの変更
解散のウワサが伝えられ3年ほど前には
「事実上解散しているのでは?」との情報が駆け巡った経緯もあり
最新アルバムデスティニー・フルフィールドのリリース後も
今後、彼女達がデスチャとして活動し続ける可能性は
低いと見られていただけに
驚きも少ない発表だったが

注目したいのは今後の3人の動向。
ケリー曰く「スバラシイ活動期間を経て、それぞれの活動期へ...」
という所からも皆、ソロでの活動が当面の軸になりそうですが
当番組ホスト、アンディ発言は
「5年以内にデスチャは再結成されるだろう」
何とも画期的?かつ具体的な発言内容ながら
今回解散劇からネリー来日まで
発言のほとんどは当たっているだけに聞き逃せない内容だ。

真意を問うと今回は何らかの情報に裏づけされたモノでは無いらしいが、
「ソロ活動が必ずしも成功を収めているとは言えない」のが
要因のようだ。
例えば、ビヨンセ。CrazyInLoveなど華やかな活動が目立つが
ヒット曲はみんな誰か(ここではJAY-Z)と共演した楽曲で
彼女のソロデビュー曲は(某映画のサントラ)大失策。
ケリーもNellyとのコラボレート曲ジレンマがHitしたものの
自身のアルバムはHitと言えない内容。
音楽的にソロとしては最もHitしなかったミシェルは
演劇部門では一定の評価は受けているが今後は未知数と
ビヨンセばかりが目立っている気がする中
ソロとしての評価は3人横並びが現状らしく
「やはり3人で活動してこそ...」という核心に気付くのに
時間はかからないだろう。というのが
アンディの考え方のようだ。

ちなみに3人ソロで活動し続けたら誰が最も成功するのか?
との問いに対しては
内容こそ違えどミシェルかもしれない。との返答でした。

さて、皆さんはデスチャの今後、どう占いますか?
[PR]
by musicfile | 2005-06-21 22:41 | Topics

Marioに続いて、、、

春になりました!
a0016513_16415841.jpg


と、言えども
まだ実感がわかない昨今ですが
5周年を迎えたTheMusicFileは
なんとも豪華ラインナップ。
先日のMARIO君出演に続き
MariahCareyが最新アルバム、
ジ・エマンシピエーション・オブ・ミミについて語るほか
女性若手R&B界#1のシンガーAmerie(エイメリー)が
デビュー当時MusicFileのみに聞かせた
歌声をOnAir!

さらに未決定ながら
アノ!超人気Uさん独占コメントを我がニューヨークスタッフが、、、
という企画も進行中!

お楽しみに!!

Photo. "MARIAH CAREY" copyright 2005 Universal Music International
[PR]
by musicfile | 2005-04-04 16:42 | Topics
ラジオDJに以前、僕は毎月の収入の多くを
CDの購入に費やしていました。
旅行でニューオリーンズに出かけた時は一気にJAZZのCDを
300枚くらい買って帰って大変な思いをしましたが
当時の情報源はラジオと雑誌、たまに眺めるMTVなどでした。
それでも月平均20~30枚は購入していた気がします。

考えてゾッとするのは僕がこの仕事をしてなかったら、、、
大変でしょうねぇ。
インターネットで気軽に情報も得られますし。
前に仕事上、「みんなアルバム買ってね!」とラジオで言った時に
ふと、言われた通りにCDショップに駆け込んでいたら
大変だねぇ。。。と思い、それ以来は滅多に「買ってください!」とは
言わないように心掛けているんですが
それでもヤッパリ気になります。洋楽の売上が好調と言われる昨今
更に、気になります。皆さん、どれ位CDを買いますか?
1月○枚とか○ヶ月に1枚とかアバウトで結構なので参考までに教えて下さい。

できれば、選ぶ基準や最近買ったオススメなんかも書いていただけると
とてもうれしいのですが。

The Music File & The Music File WEB
Host ANNDREWS HATTER
[PR]
by musicfile | 2004-05-19 00:08 | Topics
a0016513_01540.jpg
アメリカにおけるミュージックシーンは
刻一刻と変化を見せています。
全米チャート(総合)でTOP40に入れば
HITと呼ばれるのが一般的だが
HITするにはそれなりの法則があるハズ

我がTheMusicFileニューヨークオフィスが
取材した。

楽曲、Albumを作るにあたってアーティストがHITさせる為に今後行う予定の
主な手法は以下のとおり

1.ジャンルを超えたアーティストとのコラボレート
2.旬なプロデューサーを起用する
3.アジアやカリブなど要素の異なる音楽を取り入れる
4.アメリカにおけるラジオAirPlay数を狙い曲の分数を3分30秒程度のものと
  4分30秒程度のものの2つのフォーマットを用意する
5.既存ファンの為にリリース前にWEB上で楽曲やPVを事前公開する
6.リリース後、同じジャンルの対抗アーティストとツアーを行う
7.HITする時間を長くするためREMIXを作る

1についてはHIP-HOPとR&Bのコラボレートが成功を収めた結果を受け
今後ROCKやPOPSなど多岐のアーティストが行う可能性を示している。
2や6.7といった項目はこれまで同様といえ
3や5といった項目はマンネリ化を予防したりファンの環境を考慮した
内容で言わば時代の変化に対応していると言える
また、4に挙げられた楽曲の分数は今までも意図的に決められた事が多く
90年代から取り入れられた手法で現在の洋楽シングルの多くは3分30秒
前後の楽曲が多くなっているが、今後すぐれた楽曲のみ
「長めの楽曲を作りたい」とこたえるアーティストが多く
現状の短い曲が多すぎるともらすラジオ局側の言葉を反映した結果と
なっている。

この流れは洋楽の影響を受けやすい邦楽にも顕著に表れていて
昨年あたりまで大きな意味を感じないのに
5分、6分と長い曲を作り続けたアーティストが昨年末リリースあたりから
こぞって3分30秒強に抑えた楽曲を送り出していて
今後も、この方向が加速しそうだ。

HITするって大変な事ですね。
皆さんもお手持ちのCDを聞くときに何分くらいの曲かっていうのも
気に掛けてみてください。
以外とそこから年代が解ったりして違った楽しみ方が出来るかもしれません
[PR]
by musicfile | 2004-05-08 00:16 | Topics

日本はやはり凄かった。

a0016513_13510.jpg不況も底を打ったと囁かれだした今日この頃だが
日本てお金持ち!?

大手レコード会社のまとめでは
日本で言うところの洋楽の世界セールスは
1位がアメリカ、2位は日本という結果に。
同じ英語圏の国や地域、ヨーロッパ、人口の多い中国よりも
人口も少なく、不況、自国の音楽文化が根付いている日本が海外の音楽や文化に
いまだ大きな興味を持っている事が良くわかった。

日本てヤッパリ凄かった!
[PR]
by musicfile | 2004-05-01 19:41 | Topics

タバコが...

a0016513_131025.jpg
1箱500~600円。買いますか?
嫌煙運動が激しい昨今ニューヨークではここ2年ほどタバコの値段が高騰。
別にタバコの葉が高くなったわけじゃなく税金として払う形になるそーですが、
同じようにロンドンなどでも価格が大幅に上昇しているとか。

日本でもタバコの税額について色々と話題になる事がありますが
禁煙を目指す方は、自ら禁煙しなくても

そのうち、「もったいないから買えない」なんて事になるかもしれません。
[PR]
by musicfile | 2004-05-01 19:33 | Topics