↑ケータイもアクセスOK !!!!!Listen!NewMusicRush!!!!   e-radioで放送中TheMusicFileのblog!Hosted by ANDREWS HATTER Produced by Laugh Cycle Entertainment NYC


by musicfile
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:Rock( 7 )

今やAAA(トリプルA)シーンを代表するアーティストとなった
ジェイソン・ムラーズ。
デビュー当時、2002年7月にはe-radio HOTSTUFFに輝いた彼が
大阪で完全招待制ライブを行います。

9月5日日曜日19時開演のライブ」に「行きたい!」という人は
今週木曜日までのレイクサイドモーニング77か
RadioDriveをきいて下さい。

抽選で3組6名の方をご招待中です!
a0016513_1245394.jpg
[PR]
by musicfile | 2005-08-24 12:05 | Rock
本当に梅雨!?と思うほど雨の少ない昨今
いかがお過ごしでしょうか?
とはいえ暑い熱い夏まであと少し...

今年のMusicFileは7月をROCK強化月間と位置付け
一大キャンペーンを企画中です!
7月中の毎週月曜日はワーナーミュージック・ジャパンとの
タイアップ企画7/28リリース予定の
最強ROCKコンピレーションアルバム「ROCKS」をプレゼントするなど
お得な企画、最新洋楽ロック情報も満載でお送りする
月曜日のTheMusicFile

7月は特にお聞き逃しなく!
プレゼントの詳細、応募方法は近日中にご案内できる予定です。
お楽しみに!!
[PR]
by musicfile | 2005-06-27 18:28 | Rock
夏も終わりに近づいていますがいかがお過ごしでしょう?
個人的にはあまり良い時期ではない気がするのですが。。。。
番組内、月曜日のOnAir曲をいくつかピックアップしてみました。
ROCKしたいあなたに!
a0016513_1559559.jpg
Hell Yeah!/アメリカン・ハイファイ(UNIVERSAL)
「あれま!」と誰しも驚く!?変身ぶりを聞かせてくれるNewAlbum
ハーツ・オン・パレードからの1曲。
時代を強く意識したんだろーなぁと最も感じられる曲で
何となくブラックテイストが散りばめられている感じです。
賛否両論あるとは思いますが番組的には◎!

Club Foot/カサビアン(BMG)
サマソニ前からにわかに盛り上がり出した彼ら、サマソニでは入場制限がかかり
涙をのんだ方も多いのでは!?

Bad Time/ジョーン・ジェット アンド ザ ブラックハーツ
カッコイイ人は何歳になっても(無駄な一言ですね。)カッコイイ。
妙な安定感とアンバランスさの加減がヨロシイです

Jessica/アダム・グリーン
妹、アシュリーに注目が集まる昨今のシンプソン姉妹ですが
この曲のさす先には美しの都(結婚したのは残念)ジェシカ・シンプソンが。
内容的に面白いので歌詞見て下さいね。次の曲がアシュリーだったりして。

a0016513_16503878.jpg


Clean Town/マンドゥ・ディアオ(東芝EMI)
マンドゥファンの皆様お待たせしましたの新曲!

Sweet Thing/ミック・ジャガー(WARNER)
新譜中心の我がTheMusicFileでは、たまにかける名盤は貴重なスパイスなんです。
イイもんです。

It's About Time/ヴァン・ヘイレン(WARNER)
こちらも往年のスターバンドながらサミーヘイガー復帰の新作で
久々に泥臭いROCKを感じた気がします。

Ordinary/トレイン(SONY)
AAA(トリプルA)サウンドの代表格といえるアーティスト、トレインの一曲。
サウンドトラック、スパイダーマン2に収録されています。

Walk Idiot Walk/ザ・ハイヴス(UNIVERSAL)
前作も記憶に新しいハイヴス(日本盤はリリースが遅かったので、、、)
今作からはUNIVERSAL傘下ポリドールに籍を移し相変わらずのハジけブリを
聞かせてくれています。

Maybe Someday/ジ・オーディナリー・ボーイズ(WARNER)
ツウな方はレコード・レーベルによって聞き分ける!って方もいらっしゃるでしょうが
こちらはROCK王国(最近はそのイメージも薄れつつありますが)
ワーナーミュージックがススメル新バンド!
是非チェックををを!!
[PR]
by musicfile | 2004-08-23 17:03 | Rock
a0016513_222333.jpgSLIPKNOT
VOL.3:(THE SUBLIMINAL VERSES)
INSTORES NOW RRCY-21222 2,548yen(tax incl.)
Copyright(c)ROADRUNNER JAPAN


少しづつROCKサウンドにも幅が出てきたと感じるのは私だけ?
早速ご紹介しましょう!

The Blister Exists/SLIPKNOT
ビックリするほどの大HITとなったalbumからの1曲。
外資系のCDショップの多くで平積みされ、視聴機にも入っていたので
買っていなくても聞いた人は多いでしょう。なかなかヘヴィーでイイ音です!

Spitting Games/SNOW PATROL
本国イギリスでは既に多くのHITを飛ばしている彼ら。
歌詞の内容は失恋ネタから戦争など社会的なテーマまでさまざま。
メッセージ性の強いアルバムからのリード・トラック

Heart Full Of Black/BURNING BRIDES
弾けるだけのROCKより、深みのある音が求められる時代なのか!?
聞きやすくて心地よいサウンドです!

No Stopping Us/JASON MRAZ
ジョン・メイヤーから始まったトリプルA(AAA)サウンド。
何とも人懐っこいジェイソン・ムラーズの人柄を感じる1曲

I Will Remember You/SARAH McLACHLAN
たまにはフラッシュバック。もう懐かしい音源に感じてしまいますが
梅雨時期にはピタリとはまる「ゆるさ」溢れる一曲。
でも、今年ってあまり梅雨って感じがしませんねぇ。。。

Someday/NICKELBACK
スッキリ系のサウンドで全米No.1HITを飾った1曲。
シンプルで短い曲ながら
飽きのこない音がスンバラシイ!

Take Me Out/FRANZ
6月・7月のROCKはU.K.サウンドが中心。なぜならアメリカのマーケットに
動きが少ないから。USHERがTOP10に3曲も入って
1.2.フィニッシュをされたらalbum出してもHITする気にならない
アーティストが多いんだとか。
日本盤が未発売だったU.K.ROCKものがここぞとばかり
リリースされるので日本のU.K.ROCKファンにはウレシイ梅雨時かも。

Our Lives/THE CALLING
決して新しさを感じる音では無いものの土臭ささえ感じる懐かしいサウンドに
注目が集まってます!この1曲で世界的ブレイクもありえるかも!?
[PR]
by musicfile | 2004-06-29 22:24 | Rock

MAROON5来日公演決定!

a0016513_151758.jpgmaroon5
copyright(c)2004 BMG FUNHOUSE



番組でも当Blogでも以前紹介して
好評だったMAROON5
ついにJAPAN TOURが決定しました!
気になっていた皆さん是非
見に行って下さい。

日程
9月29日(水) 東京/渋谷公会堂
9月30日(木) 名古屋/クラブ・クアトロ
10月1日(金) 大阪/ビッグキャット

問い合わせ:ウドー音楽事務所 03-3402-5999

ちなみに7/21にはアルバムSongs About Janeが
リパッケージ盤(つまりは再発売)として
リリースされます。
気になっていたケドまだ手に入れていない方はこの機会に
入手してください!

夏に公開される映画スパイダーマンのサントラにも参加予定です
こちらも注目ですね。
[PR]
by musicfile | 2004-06-17 11:12 | Rock
a0016513_19463.gifElviss
COCB-53204
Copyright 2004 (c) Columbia Music Entertainment


TheMusicFile毎週月曜日にお送りしている
Chapter:ROCKの中から何曲か
ピックアップして御紹介します!

Radio (Kill it!)/ELVISS
ROCKと言っても色んな音源があるがこちらはU.K.パンク
特に歌詞に気を取られる訳でもなくノリでロックテイストを楽しみたい方に
オススメ!

Bad Time/JOAN JETT and BLACKHEARTS
ジョーン・ジェットと聞いてピピッと反応される方の世代は広いだろうが
この新譜を聞けば常に新たな世界観を切り開く彼女の姿勢がお分かり
いただけるハズ!

All Downhill From Here/NEW FOUND GLORY
ELVISSとは一転U.S.パンクナンバー。2年ぶり3作目のアルバム
CATALYSTからのリード・トラック。パンクでGo!

Omission/JOHN FRUSCIANTE
パンクも良いがこんな音もイイでしょ!?という提案型の選曲。
世代によって同じROCKでも随分みなさんの好みが違うという
実感に基づいて。

Everything/ALANIS MORISSETTE
今回のアルバムでは多くの人に雰囲気が変わったとか髪を切って…と
紹介されているアラニス。が、アルバムを1曲目から聞いて個人的に感じたのは
おそらくアラニスは現在のミュージック・シーンの中でROCKというジャンルの
行く末を案じているのだろう。という事。
もともと繊細な女性とは聞いていていたが、
「自分が新しいROCKを作らなければ」という思いがにじみ出た作品は
これまで無かった気がする。彼女の新たな挑戦に是非耳を傾けてほしい。

River Of Love/DANA GLOVER
一度大阪で会う機会があった彼女、新たな女性ROCKシンガーとして注目を
あびたが、モデルもやっていたりと器用なお姉さんでした。

In A Little While/UNCLE KRACKER
好きです。この人の楽曲。日本では(別の曲ですが)お茶のCMに使われたりと
何かと話題だったんで御存知の方も多い事でしょう!

1979/The SMASHING PUMPKINS
The Way/FASTBALL
2曲続けて!ROCK初心者の方に聞きやすい聞いたことがありそーな楽曲を
紹介します。聞きなれた曲でも久しぶりに聴くとイイもんです!

ROCK好きな方って結構、熱く語る気がするのは僕だけでしょうか?
我こそは!という方、コメントにROCK自慢をどーぞ!
[PR]
by musicfile | 2004-05-20 19:47 | Rock
a0016513_13147.jpg→*copyright 2004 COLOMBIA MUSIC→

C'mon C'mon / The VON BONDIES
デトロイト出身のニューカマー男女2人づつの
4人がストロークス、ホワイト・ストライプスに
続けと日本デビュー

Counting Blue Cars / DISHWALLA
90年代半ば
アメリカンROCK人気の中で
生まれた一曲

Everything / ALANIS MORISSETTE
今回のアラニスは何かが違う。
以上にスッキリした音に何かイイ事
あったのかな?と詮索してしまう

Don't Tell Me / AVRIL LAVIGNE
お世辞にも性格が良い!と言えない彼女
アメリカではデビュー以来
そうとう荒波に揉まれたようで
今作は腰を据えて製作した感が

Overdrive / KATY ROSE
アブリルと比較される事も多い彼女だが
2人とも直接会ってパフォーマンスも
観た僕が点数を付けるならKATYリード!
自分の『売り』が良く分かった賢い子だった
これからの成長も期待

No Such Thing / JOHN MAYER
いまやAAA(トリプルA)の代名詞的存在の彼
今までのインタビューなどでは
強気で気難しい印象が残っているが
デビュー前から1匹狼的なイメージの強い
アーティストだけに
話にも説得力があった
[PR]
by musicfile | 2004-04-29 22:28 | Rock