↑ケータイもアクセスOK !!!!!Listen!NewMusicRush!!!!   e-radioで放送中TheMusicFileのblog!Hosted by ANDREWS HATTER Produced by Laugh Cycle Entertainment NYC


by musicfile
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2004年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

既に御案内していますとおり
本日7月19日の放送はお休みさせて頂きます。
楽しみにして下さっていた皆さん
ゴメンなさい。
明日以降は通常営業です!
宜しくお願いします!!
[PR]
by musicfile | 2004-07-19 14:35 | Press Release
a0016513_143023.jpgJOE
"and then..." Special Edition
INSTORES NOW!!
www.joescrib.com
copyright(C)2004 BMG FUNHOUSE


ここ数年、毎年と言ってイイ程
日本のファンに素晴らしいパフォーマンスを
見せてくれるジョー(JOE)
今年も7月15~17日、大阪・東京の2都市・3公演で(スターなのに休みナシ。。)
日本のファンを魅了してくれた。

この男のLIVEはスゴイ!
当然、来日公演は何度もこなし日本でも御馴染みなので
今更あえて言う事では無いかもしれないが
ヤッパリ凄かった。
ツアーのスタートとなる15日(木)大阪公演は前回公演でJOE本人も認める
絶好調ぶり(声、体調などベストな状態)だった事もあって普段より
高めのテンションでスタートし
MCで客を盛り上げRAPも披露しR.Kellyについての思いも語るサービスぶり。
弾き語りで名曲NoOneElseComesCloseを歌い上げた時には
あまりに熱狂的かつ熱心なファンの声援に男泣き。
本人曰く、みんなが自分の曲を一緒に歌ってくれてズッと手を振る様に
深く感動したそうだが、数あるJOEの曲の中で
この曲ほど思い入れの強い曲は他に無いと以前から公言していたので
きっと、それらが重なって感極まったんだろう。
公演の長さや本人のノリ、今回のツアーでも大阪はやはり最高の公演に見えた。

16日17日の東京公演は座席で見るタイプとオールスタンディングという
形の異なる公演となったが
7月17日ツアーファイナルは、なんとJOEのお誕生日
多くのファンから花束やメッセージカードを受け取って本人も満面の笑みを
浮かべていた。
その感激ぶりはアンコールを3曲もやって
会場のファン全員をアフターパーティーへ誘ったと言えば解って頂けるだろう。

R&B界最高峰の独特の声、リズム感を持ちながらも
誰よりも真面目にファンやスタッフを大切にするJOEをはじめ
パワフルでパーフェクトな音を作るバンドメンバー、時にJOEに代わって
MCまでこなす男女4人のダンサー
マネージメントスタッフ、ツアーマネージャー
全てのスタッフに大きな拍手を送りたい。

最後に我がTheMusicFileでホスト(DJ)を努めてくれた
JOEからリスナーの皆さんに
『いつも応援してくれてありがとう。みんなのサポートがあって
また日本にやって来ることが出来た。本当に嬉しいよ。
またスグ戻ってくるから、みんな応援してくれ!Much Respect』と
お言葉を頂きました。

今回Liveに行けなかった人も
手を取って歌ってもらえなかった人も
是非、次の公演も期待していて下さい。
[PR]
by musicfile | 2004-07-19 14:31 | R&B and HIP-HOP
a0016513_125457.jpgAngera Johnson
copyright2004(c)Colombia music
INSTORES NOW


相変わらず好調なブラック勢。
USHERやカニエさん等
スンバラしいセールスをたたき出す
アーティストは勿論、
才能豊かなアーティストも多数!
今後もイイ方向に向かいそうです。

Where’s The Love?/ANGERA JOHNSON
日産のCMで日本初お目見えという感じだった彼女、ついに日本デビューでベールを脱ぐ!
作詞・作曲・プロデュース等を1人でこなすマルチなシンガーソングライターです

Get No Better/CASSIDY feat. MASHONDA
MusicFileホスト、アンディーが何と全米デビュー1年前から応援しているのが
キャシディとマションダ。サラリーマンで言う所の「同期」にあたる彼らだが
日本でOnAirされるのはCASSIDYとR.KELLYのコラボ作HOTELばかり。。。
個人的にはこの曲の方が勢いあって好きなんだけど、、、

Shake Down/LSG
この御三方は大変な時期にあって、それぞれのソロ活動は難しい状況。
日々現れる新人の影で大手レーベルとの契約が切れる大物が多いのはROCKやPOP
だけじゃなくブラックにも当てはまってきたようです。

One Love/NAS
ヴォーカル・ワークという面でHIP-HOP界でこの人を上回る人物はいないでしょう。
マイクを持たせたら、、、スゴイですよ。彼。サマソニ出演にはもっと驚きでしたが。
NAS見た人、どうか感想教えて下さいね。

Butterflies/MICHAEL JACKSON
全盛期が過ぎ、マイケルの音楽よりも私生活にのみ関心が集中しているのは非常に悲しい。
この曲はそんな中リリースされたsingle(シングルは米国のみ)で
マイケルのキャリアの中で最高かつ彼にしか歌えない一曲と語るは勿論
ANNDREWS HATTER

Don’t Say Nuthin/The ROOTS
以前、大阪ブルーノートでの公演を見たが、時代に流されず
常にTheROOTSの音を追求する姿勢に感激した。ニューヨークと同様の編成で
公演していたのも好感が持てた。また来日するらしいのでHIPHOPファンは
各ブルーノートへGO!

Wonderful/INDIA.ARIE
女性版MUSIQといった感が強い彼女だか
強い歌唱力、強い独創性、強いブレーン、強い想像力、性格も強い?いやキツメ!?
というか完璧主義な人だと思います。

Not Your Average JOE/DJ KAYSLAY feat. FAT JOE, JOE BUDDEN and JOE
笑ってやって下さい。ケイスレイ氏のセンスというかアイデアは一味違う!
とにかく超有名なJOEをまとめてコラボさせた一曲。ホント個性的な人です。
勿論スターがこれだけいれば音は最高です!!

What is love/VIVIAN GREEN
しっとり力強く繊細に。夜のお供に彼女の歌声は沁みます。
[PR]
by musicfile | 2004-07-16 23:46 | R&B and HIP-HOP
a0016513_125719.jpg
JESSICA SIMPSON
Copyright(c)2004 SONY MUSIC INT'L

バタバタしてるうちに梅雨まで終わってしまった。。。
早くも温度差を感じそうですが、
6月のOnAir曲をド~ンと紹介します

With You/JESSICA SIMPSON
8月には妹アシュリーのデビューが決まっているが、やはり清純派No.1は
やはりジェシカ!結婚してしまったのが残念だが、結婚まで純潔を守ったとか。

What If/NATURAL
ポストBackstreetBoysか‘NSYNCか、と言う声が高かった彼らだが
ハーモニーは勿論、バンドとしても見れるマルチな人達で感じのイイ人達だった。
デビュー前に取材した時、既に追っかけの女子が沢山いたのは驚いた

Any Other Girl/NU
POPでキャッチーな音、爽やかかつ軽い感じがなかなか良い!
昨今の新人さんには少ない部類で90年代前半に結構いた感じの人達というイメージ

Move Ya Body/NINA SKY feat. JABRA
これぞ新世代POPと言えるのか!?日米で話題沸騰の女の子2人。既にラジオ以外にも
TVのスポーツニュースなどのBGMなどにも使われている。
夏!POP?レゲエ?ブラック??ノリはスコブル良し!是非チェックを!!

Shout to the top/The STYLE COUNCIL
出来るだけ最新音源をかける!というのが我がTheMusicFileのポリシーですが
ふっと懐かしい音源が聞こえるのもオツなものです。
車のCMにも使われていたので耳馴染みありますよね!?

Come Sunshine/SAVE FERRIS
こちらも懐かしい一曲。耳に残りやすい楽曲なんで、当時を思い出す一曲という人も多いハズ。
それにしても音楽って時代によって随分変わるものですね。
[PR]
by musicfile | 2004-07-16 23:43 | Pop

7月の番組休止情報

いつもTheMusicFileをお聞きいただきありがとうございます。
今月7月度の放送で
休止する日程が発生致しましたので御報告させていただきます。


7月19日(月曜日)19:00から20:00
Chapter:ROCKを休止させていただきます。
≪休止事由≫
e-radio夏の恒例イベント
びわこ大津なぎさ音楽祭2004開催に伴う特別番組放送の為


当日はゲスト・アーティストに
河口恭吾さんTheLOVEのみなさん寺尾仁志さん世理奈さんを
予定しています。
日程その他、詳細をお知りになりたい方は
e-radioのホームページで御確認下さい。

尚、大変勝手ではございますが
TheMusicFile専用お問い合わせ窓口
musicfile@newyork.co.jpではイベントに関するお答えが出来ません。
ご了承ください。

今後ともTheMusicFileをお聞き下さいますようお願い致します。
[PR]
by musicfile | 2004-07-12 16:49 | Press Release
a0016513_222521.gifKEANE
debut album ”Hopes And Fears”
Copyright(C)2004 UNIVERSAL MUSIC INTERNATIONAL


今月7月にTheMusicFileが送る極上のalbumは
U.K.発!注目のバンドKEAN(キーン)
日本デビューアルバム
”Hopes And Fears”です!
The Music Fileでは今月、毎日
アルバムからのリードトラックSomewhere only we knowと
アルバムから日替わりの一曲の2曲をOnAir中です!
ドラム、ピアノ、ヴォーカルだけが繰り出すブリット・ポップと
U.K.Rockをあわせ持つ音は昨今話題の
U.K.ミュージックシーンの代表格と言えるでしょう。
[PR]
by musicfile | 2004-07-01 23:40 | Premium One